罰則規定について

>罰則規定について>点呼に係わる罰則
罰則規定について

点呼は適切ですか?点呼に係わる罰則

■トラック(貨物自動車)の場合。
点呼の実施違反(点呼が必要な回数100回に対して)

  • 違反行為
  • 初違反
  • 再違反
  • 1 未実施
  • ①未実施19件以下
  • 警告
  • 10日車
  • ②未実施20件以上49件以下
  • 10日車
  • 20日車
  • ③未実施50件以上
  • 20日車
  • 40日車
  • 2 不適切
  • ①一部実施不適切
  • 警告
  • 10日車
  • ②全て実施不適切
  • 10日車
  • 20日車
  • ・補助者の要件を満たしていない者が実施した場合は、点呼未実施とする。
  • ・運行管理者、補助者の自己による点呼は、点呼未実施とする。
  • ・点呼を対面によらず電話その他の方法で実施(運行上やむを得ない場合を除く。)した場合は、点呼未実施とする。
  • ・「実施不適切」とは、実施事項に不備がある場合をいう。
  • ・未実施と実施不適切とが混在する場合、基準日車等の大きい方により算定する。

※「トラック(貨物自動車)の行政処分-「貨物自動車運送事業者に対し行政処分等を行うべき違反行為及び日車数等について 別表」より抜粋

点呼の記録違反

  • 違反行為
  • 初違反
  • 再違反
  • 1 記録
  • ①一部記録なし
  • 警告
  • 10日車
  • ②全て記録なし
  • 30日車
  • 60日車
  • 2 記載事項等の不備
  • 警告
  • 10日車
  • 3 記録の改ざん・不実記載
  • 30日車
  • 60日車
  • 4 記録の保存
  • ①一部保存なし
  • 警告
  • 10日車
  • ②全て保存なし
  • 10日車
  • 20日車

※「トラック(貨物自動車)の行政処分-「貨物自動車運送事業者に対し行政処分等を行うべき違反行為及び日車数等について 別表」より抜粋

■貸切バス(一般貸切旅客自動車)の場合。
点呼の実施義務違反

  • 違反行為
  • 初違反
  • 再違反
  • 1 未実施
  • 40日車
  • 80日車
  • 2 不適切
  • 20日車
  • 40日車
  • 3 軽微な違反(「1」「2」以外の違反)
  • 警告
  • 10日車
  • ・未実施、不適切及び軽微な違反が混在する場合、基準日車等の大きい方により算定する。
  • ・補助者の要件を満たしていない者が実施した点呼
  • ・運行管理者、補助者の自己による点呼
  • ・対面によらず電話その他の方法で実施(運行上やむ得ない場合を除く。)した点呼
  • ・乗務の開始前に点呼を行わず、乗務の開始後に行った点呼
  • ・乗務の終了後に点呼を行わず、乗務の終了前に行った点呼
  • ・アルコール検知器による酒気帯びの有無の確認をしていない点呼
  • ・疾病・疲労の有無について、報告及び確認をしていない点呼

※「貸切バス(一般貸切旅客自動車)の行政処分-「一般貸切旅客自動車運送事業者に対する違反事項ごとの行政処分等の基準 別表」より抜粋

点呼の記録義務違反

  • 違反行為
  • 初違反
  • 再違反
  • 1 記録なし又は記録の保存なし
  • 40日車
  • 80日車
  • 2 記載事項の不備
  • 警告
  • 10日車
  • 3 記録の改ざん・不実記載
  • 60日車
  • 120日車

※「貸切バス(一般貸切旅客自動車)の行政処分-「一般貸切旅客自動車運送事業者に対する違反事項ごとの行政処分等の基準 別表」より抜粋

【違反点数】

10日車=1点

【処分内容】

・自動車等の使用停止処分 (処分日車数にもとづき決定されます。)

・事業停止処分 (違反点数と付された処分日車数にもとづき決定されます。)

・許可の取り消し処分 (過去の事業停止処分回数や累積違反点数などにより決定。)

・運行管理者資格証の返納 (運行管理者による点呼未実施の状況などにより決定されます。平成19年7月1日から基準が強化されました。)

※「国土交通省の行政処分等に関する関係通達」等より抜粋

運行管理者資格証の返納基準の強化など、点呼業務の徹底に関する要求が年々高まってきています。
IT点呼キーパーを御社の点呼業務の効率化や点呼業務の向上にぜひお役立て下さい。