ニュース

>ニュース>ニュース詳細
ニュース詳細

Bluetooth搭載アルコール検知器に対応 ~スマートフォンの対応機種が大幅に増加~

貨物・旅客事業者向け総合クラウド点呼システム「IT点呼キーパー」 を開発するテレニシ株式会社(代表取締役 辻野秀信 大阪府大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタワー14階)は、 アルコール検知操作での利便性向上を目的として、株式会社東洋マーク製作所(代表取締役 山本篤 大阪府八尾市跡部本町1-1-27) のアルコール検知器3機種と連携いたしました。

株式会社東洋マーク製作所は、平成14年からアルコール検知器の開発・販売を開始し、 トラック、バス、タクシーを中心に全国で約30万台以上の販売実績があります。 今回接続が可能になりましたモバイル型アルコール検知器「AC-015/015BT」及び、据置型検知器「AC-011」は、 電気化学式を採用しており、精度の高いアルコール検知能力を有するほか、「AC-015BT」はBluetoothを搭載しております。

「IT点呼キーパー」は、対面点呼・IT点呼・電話点呼・スマホ点呼、すべての点呼がこれ一つで実現可能であり、 高価な専用設備は一切不要でご利用中のパソコンとインターネット環境があればすぐに導入可能です。
連携により、IT点呼では3機種全てに対応、スマホ点呼ではBluetooth搭載機種が対応となります。 Bluetooth接続の利点として、スマートフォンとの接続に必要だったケーブルは不要となり、 特に遠隔地でのアルコール測定に最適となります。また、スマートフォンの対応機種が大幅に増加致します。 更に、東洋マーク社製アルコール検知器を用いたスマホ点呼においては、新たに不正点呼防止機能を実装し、身代わり点呼を未然に防止する仕組みとなっています。

「IT点呼キーパー」のテレニシ株式会社は、昨今のドライバーによる飲酒運転の防止を中心とする安全確保の為の点呼システムの訴求と、より一層の実務の効率化に応えるべく開発の強化に努めてまいります。

【費用】

本体、メンテナンス費用などはこちら

【製品の仕様について外部リンク】

株式会社東洋マーク製作所

【お問い合わせ】

お問い合わせフォーム